医師に相談する女性

わきがの原因

わきが治療に取り組むにあたって、まずはわきがの原因を把握しておきましょう。わきがの原因として挙げられるのが、汗です。
汗自体に匂いがあると思っている人も多くいますが、実は汗自体は無臭です。汗に含まれている成分が匂いの原因となります。
汗には、タンパク質や皮脂と言った成分が含まれています。この成分を皮膚の常在菌が分解する際に独特の匂いを発します。
汗を発生させる器官のことを、汗線と言います。わきの匂いを発生させる原因である、タンパク質や皮脂を多く含む汗を分泌させるのがアポクリン汗腺です。
アポクリン汗腺はタンパク質や皮脂を多く含んでおり、白く粘り気があります。アポクリン汗腺があら分泌される汗に対してアプローチしていくのが基本的なわきが治療となります。

アポクリン汗腺の他にも、エクリン汗腺という汗腺があります。この汗線から分泌される汗は基本的に水分だけで、その他の成分は含んでいません。
そのため、直接匂いを発生させる原因にはなりません。しかし、このエクリン汗腺から発生される汗が匂いを拡散させる働きをするのです。
エクリン汗腺から分泌された水分を含む汗が蒸発すると、大気中に飛散します。その際に、アポクリン汗腺によって発生した匂いも一緒に大気中へ飛散させてしまうのです。
わきが治療では、アポクリン汗腺とエクリン汗腺から分泌される汗の量を抑えるということが重要になってきます。
薬や手術など様々なわきが治療があります。