医師に相談する女性

薬と注射で治療

美容外科で行なっているわきが治療は様々なものがあります。その中の1つが、わきから出る汗を抑えるための治療です。
わきの発汗を抑える方法は様々あります。その1つが、塗り薬を用いての治療です。
代表的な塗り薬は、塩化アルミニウムです。オドレミンという名前で市販もされている薬で、制汗の作用があります。塩化アルミニウム液を、一度ティッシュやコットンに染み込ませて、わきに塗布することで汗の量を抑える事ができます。
保険が適用されるもので言えば、抗コリン剤というものがあります。この薬は内服薬で、汗の分泌を抑えるという効果があります。制汗の作用に加えて、口や目といった粘膜の水分も減少するという副作用があるため、医師と相談して服用しましょう。
精神面と発汗は密接な関係があります。緊張や不安によって発汗が促されます。精神を落ち着けるための薬が処方されることもあります。
軽度のわきがであれば塗り薬や服薬といったわきが治療で解決できます。

薬で対応出来なかった場合は、注射を用いたわきが治療もあります。ボツリヌス菌という細菌から発生した毒をわきに注入する、ボトックス注射が代表的です。
汗を出すために働く伝達物質があります。ボツリヌス菌の毒は、この伝達物質の働きを抑制させるという作用があります。
そのため、汗の量が少なくなります。主にエクリン汗線に効果があり、匂いの飛散を抑えることが出来ます。
このようなわきが治療は手術と違い身体に負担が無く、手術跡がのこるというリスクもありません。