医師に相談する女性

自分に合う手術を

薬や注射といったわきが治療で効果が見られなかった場合は、手術を行ないます。
アポクリン汗腺を除去することによって、直接匂いの原因である汗を抑えます。最も効果が高いと言われているのが剪除法です。
剪除法とは、脇の皮膚を切開して裏返し、直接アポクリン汗腺を除去するという方法です。医師がアポクリン汗腺を目指して1つ1つ除去していくので、直視下手術とも言われています。
アポクリン汗腺を効率よく排除出来るので高い効果があります。縫合技術の高い医師であれば手術跡がほとんど気になりません。

剪除法は皮膚を切開するため、ダウンタイムがある程度の期間必要です。そのようなダウンタイムを取れないという方は、皮下組織吸引法というわきが治療が適しています。
わきに小さな穴を開け、そこから細い管を通します。その管からアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺を吸引します。医師の技術に関わらず手術跡が残りにくいという特徴があります。
ダウンタイムも剪除法よりは短いですが、アポクリン汗腺の取り残しがあり、匂いを完全に除去できる訳ではありません。
効率を上げるために、超音波を皮膚の上から当てて、アポクリン汗腺を破壊するというわきが治療もあります。超音波で破壊されたアポクリン汗腺を管で吸引することで効率が上がります。
この他にもわきが治療は様々なものがあります。美容外科クリニックの医師としっかり相談して、自分に最も合うわきが治療を見つけましょう。